帯の仕立て屋 ㈱みつやま

京都の帯の仕立て屋です。帯の仕立て直し、リメイク、ガード加工、帯芯の販売など手掛けております。

「帯 仕立て・縫製」の記事一覧

袋帯の寸法・長さ

【帯の長さや幅の寸法を図解】仕立ての注文や寸法直しする際の注意点など

現在、新しく織られている帯の標準的な長さと巾を載せています。 袋帯など二重太鼓の帯 長さ 幅 8寸2分(31.1㎝)~8寸3分(31.5㎝) 補足説明 袋帯は、仮仕立て状態(脇を縫われた状態)で売られている場合がほとんど […]
千鳥がけのやり方

帯の千鳥がけのやり方

千鳥ぐけ、端かがり、端くけ、端の始末、口かがりなど、企業や人によって呼び方はバラバラなようですが、 総称して「帯の両端の縫い方」を実演解説します。 上写真の数字の順番に針を入れてきます。 ②~③と④~⑤は、見えないように […]
袋帯 帯芯の入れ方

袋帯 帯芯の入れ方

①裏返した帯の表地に帯芯を合わせていきます 最も大事なのは帯と帯芯の対比 帯と帯芯がキチンと沿うように、縫う前に上写真のようにセッティングします。 どんなに綺麗に縫製しても、この最初の状態が悪いと上手く仕立てあがりません […]
ミシン仕立てか手縫い仕立てか

この帯、ミシン仕立てか手縫いか ? どっちの仕立て方がいいの?

ミシン仕立て or 手縫い仕立て 何の帯でも縫おうと思えばミシンで縫えますが 出来るか出来ないかを問われれば、何帯であれミシンで仕立てる事は可能です。対比が多少悪くとも、プレスで納品時ぐらいまでは誤魔化せもします。 &n […]
関東巻き 関西巻き

帯の関東巻きとは?関西巻きとは?|関東腹とは?関西腹とは?

関東巻きは反時計まわり、関西巻きは時計まわりに帯を巻きます。 最近ではあまり使われなくなっている言葉です。 それ故に多くの誤解を生む言葉でもあります。ですので、私は関東巻き 関西巻きなどという呼び名は使わず、時計回り 反 […]
帯芯の種類 代用品など

帯芯とは? 帯芯の種類 (綿芯や絹芯、起毛芯など)や役割 メリット・デメリットなどを解説

帯芯とは 帯の中に入れる布地です。 仕立ての際に帯に縫い付けます。 主な使用目的は、帯の硬さを調節することです。 帯芯には、分厚いものから薄いものまで色々なものがあり、 どの帯芯を使うかによって、仕立て上がりの帯の風合い […]
帯仕立ての発注ミス・ランキング

帯仕立ての発注ミス | 全国呉服店 よくあるランキングBEST10

ミスするポイントは人類共通。同類の存在が気休めになります。 何の仕事でもミスしやすいツボというものがあります。つまり、このデータはどこの呉服店でも、どの店員さんにも役に立つと思います。   1位 帯芯を忘れる、 […]
帯 たたみ方

帯のたたみ方 | 袋帯、九寸名古屋帯

 袋帯のたたみ方 基本的に半分に3回たたんだら終わり。簡単です。 元々、仕立て上がった時のたたみ方通りに、たたんでおけば大丈夫です。しかし、いくつか注意点がありますので最後まで読んでから、たたみ始めてください。 まず、半 […]
リサイクル・アンティーク帯の仕立て直し

アンティーク・リサイクル帯の仕立て直し | 問題点別の解決法

古い帯の問題点と、それを解決する為の仕立て直し方を紹介します。 無駄に重い、かたい → 帯芯の取り替え 一時期、帯は、重ければ重いほど良いとされていた時期がありました。 また、端を持った時に、帯がピンと立たなければいけな […]