帯の仕立て屋 ㈱みつやま

京都の帯の仕立て屋です。帯の仕立て直し、リメイク、ガード加工、帯芯の販売など手掛けております。

「帯 仕立て・縫製」の記事一覧

九寸名古屋帯の写真

九寸名古屋帯と八寸袋名古屋帯の違いや見分け方を分かりやすく解説

この二つの帯は、最も違いが分かりにくく、最も間違われている帯です。 九寸名古屋帯とは? 八寸袋名古屋帯とは? このページは、二つの帯の違う点や その見分け方の説明ページですので、 それぞれの帯について知りたい方は下記ペー […]
リサイクル帯・アンティーク帯の注意点

リサイクル帯、アンティーク帯を購入時の注意点

 帯の仕立て屋ならではの、古い帯の目利き方法 最も簡単なのは信頼できるお店や店員さんを見つける事 10点ぐらい着物や帯を手に取ってみて「これ、どうですか~?」と聞いてみれば そのお店のおよその販売スタンスは測れます。 何 […]
タレと手先の見分け方図解説明

タレ先と手先の見分け方|7つの判断基準

 袋帯や京袋帯の向きが分からない方へ 上から順に当てはめていってください。判断が楽で、例外が少ない基準から並べています。 説明文の中の帯の名称(六通帯、全通帯など)が知りたい方は、こちら 1.中無地から距離が遠い方が、タ […]
松葉仕立て 名古屋仕立て

【図解解説】松葉仕立てとは?名古屋仕立てとは?開き仕立てとは?

松葉仕立てとは、「手先部分だけ」を半分に折って縫製された仕立て方の事である。 松葉仕立てのメリット・デメリット メリット 手先が初めから半分に折って仕立ててあるので、着装が楽である。 胴に巻く部分は折らずに仕立ててあるの […]
リバーシブル帯を仕立てる時の注意点

リバーシブル帯の仕立て|2つの注意点

両面の帯は、自分の意向を伝えて仕立ててもらいましょう。 1.どちらの面をメインで使うのか? 帯芯は、メイン側の生地に縫いつけます。 これにより、メイン側は、サブ側に比べて【縫い代の型が表に響きにくい】というメリットが得ら […]
着物や帯の仕立て直しやリメイクの例

使いにくい着物や帯をリメイクしたり 仕立て直して「実用化したい時」の選択肢7パターンを紹介

帯が短い、臭い、汚いなどの理由で仕立て直ししたい方はこちらの記事をご参照ください。 この記事中の帯の名称などが分からない方は、帯の種類(形状別)と帯の種類(柄付け別)をご参照ください。 「着物や羽織」から「帯」へのリメイ […]
界切線とオランダ線

界切線(かいきりせん)とは?オランダ線とは?たれ先の下に文字を出した仕立てって何なの?

界切線(かいきりせん)とは 上の写真の「下の方の線」の事で、この線の前後で帯を折り込んで仕立てます。(後述しますが、例外はあります。) 写真は金色ですが、何色であろうと界切線は界切線です。 拡大写真 オランダ線とは 上の […]
九寸名古屋帯の胴回りの幅だけを変える方法

【背が高い人にオススメ】九寸名古屋帯で胴に巻く部分だけ広く仕立てられるって知ってますか?

開き仕立てではなく、名古屋仕立ての話です。 名古屋仕立てとは お腹の周りに巻く部分だけを半分に折って仕立てる仕立て方です。 (この記事のTOP画像が名古屋仕立て) 九寸名古屋帯の定番の仕立て方であり、多くの場合、何も言わ […]