帯の仕立て屋 ㈱みつやま

京都の帯の仕立て屋です。帯の仕立て直し、リメイク、作り帯、ガード加工、帯芯の販売など手掛けております。

「帯 仕立て・縫製」の記事一覧

八寸袋名古屋帯のようで裏地がなく一枚生地でペランペランで、帯端がパカパカの帯って、使い方は?仕立て方は?

おばあちゃん世代以前によくある単帯(ひとえおび)と呼ばれる帯です。 こんな感じの帯。 帯の両端が、こんな感じの帯。 帯自体は一枚の生地で出来ており、帯端(下の写真の黄色い部分)だけが袋状になってます。 袋状の部分を開くと […]

古い袋帯の仕立て直しの時などに一考 | 帯の関東仕立てとは?関西仕立てとは?意味やメリット、諸事情など

袋帯や京袋帯を仕立て直しする方は、帯端をどこで仕立てるか以下から選んでください 青線 関東仕立て 赤線 関西仕立て(今風) 黄線 関西仕立て(昔風)   ※ 記事の最後にある注意点だけは読んでおいてください 仕立てる位置 […]

羽織を九寸名古屋帯などに仕立て直しすると、どこに柄が出せるのかなど解説

羽織から帯への仕立て直し 人気ランキング(当社比) 1位 九寸名古屋帯 2位 半幅帯 3位 京袋帯 九寸名古屋帯と半幅帯が人気なのは、仕立て上がりが綺麗に見える事と、全て羽織の生地で まかなえるので別に生地を用意する必要 […]
八寸袋名古屋帯の夏かがり・トンネルかがり仕立の拡大写真3

八寸帯を夏かがり(トンネルかがり)にすると二重太鼓に見える?

夏かがりとは?トンネルかがりとは? 上写真のように、お太鼓の脇部分を あえて縫わずにピラピラな状態にする仕立て方の事。 赤:縫製部分 青:縫製されてない部分 赤:縫製部分 青:縫製されてない部分 解説。 お太鼓の脇(青部 […]
袋帯のリメイクを名古屋帯に選択

【知らないと損】袋帯を九寸名古屋帯に仕立て直しする前に

あまり使わなくなっている袋帯を九寸名古屋帯に仕立て直し(リメイク、リフォーム)して使いやすくしたいという方へ 袋帯を一重太鼓の帯に仕立て直したいと思った時、多くの方が九寸名古屋帯にされることを選ばれます。 でも、ちょっと […]
縫う場所

自分で簡単に出来る!子供浴衣の丈の直し方

子供って知らない間に大きくなっていますよねー。 うちの子もシーズン三周目の洋服をちんちくりんに着せてなんだか可哀そうなことになっていることもしばしば・・・。 シーズンモノといえば代表格に浴衣がありますよね! たまーにしか […]