袋帯のたたみ方

基本的に半分に3回たたんだら終わり。簡単です。

元々、仕立て上がった時のたたみ方通りに、たたんでおけば大丈夫です。しかし、いくつか注意点がありますので最後まで読んでから、たたみ始めてください。

袋帯たたみ方1
まず、半分に折ります。

袋帯たたみ方2
そして、半分に折ります。

袋帯たたみ方3
最後に半分におります。終わり。

注意点1. 折り目となる部分に、芯木や帯ざぶとんを挟む

帯ざぶとん&芯木
発泡スチロール製の芯木(左)と帯用のさぶとん(右)

帯の折れ山に芯木を挟む

箔の帯など、折ったところがキズになりそうな帯は、芯木や帯用ざぶとん(なければ、何かやわらかい布)を挟んで、折り目に丸みを持たせてください。あくまで挟む事が目的ではなく、丸みを持たせる事が目的です。何も挟まなくても支障がない帯も、たくさんあります。

注意点2. お太鼓や胴まわりなど着用時に見える部分に折れ目がつかないように、たたむ。

ごんちん

ここ、最重要!

帯をたたむ時に折ってはいけない場所
着用時に見えてしまう部分の図解。

手先を折って、帯の折れ山の位置調整
普通にたたむと、帯の大事な部分が折れ山となってしまう帯については、上図のように、手先を少し折る事で、折れ山となる位置を調整します。
手先を折った後のたたみ方は、先述の①~③と同じやり方です。手先がどちらか分からない方は、タレ先と手先の見分け方のページへ。

多くの帯は、手先を折るだけで折る位置を調整できますが、稀にこれだけでは足らない場合があります。
そういう場合は、このページに書かれている帯の畳み方など無視して、大事な部分が折れない事を最優先してください。

お太鼓の柄部分を折ってしまう人は少ないですが、胴まわり部分を意識しない人が結構おられます。
お腹のところの柄部分だけではなく、脇腹に出る部分も折れないようにしないと着用した時に格好悪くなります。

九寸名古屋帯のたたみ方

九寸名古屋帯たたみ方①

九寸名古屋帯たたみ方②

九寸名古屋帯たたみ方③

九寸名古屋帯たたみ方④

九寸名古屋帯たたみ方⑤

九寸名古屋帯たたみ方⑥

最後に半分に折ります。終わり。袋帯のたたみ方と同様、着用時に見える部分が折れないように気をつけてください。

表を内側にたたむ方法もあります

今回は、一般的な、表の生地を外側にしてたたむ方法を紹介しました。
逆に、表の生地を、たたんだ時に内側になるようにたたむ方法もあります。大事な表側に傷がつかないようにする昔の人の知恵です。