ごんちん

袋帯を例に説明するよ

仮仕立ての意味を図解説明します。

仮仕立て前の帯

仮仕立て前の帯

袋帯は降りあがった時には、表地と裏地に分かれています。


 

仮仕立て中 (脇部分を縫い合わせる)

仮仕立て中の帯



仮仕立ての縫製位置

脇部分とは上図の赤線部分です。


 

仮仕立て後の帯

仮仕立て後の帯

この状態(脇のみ縫われた状態)が仮仕立てされた帯です。


本仕立ての意味を図解説明します。

本仕立て前の帯

本仕立て前の帯

仮仕立ての帯には、帯芯が入っていません。


 

本仕立て中 (帯芯をつける)

本仕立て・芯付け中

帯の中に帯芯を縫い付けます。

帯芯をつけない帯もあります。


袋帯-帯芯の入れ方

実際は、こんな感じで縫製していきます。



本仕立て中 (はしっこを縫う)

本仕立て・千鳥がけ


千鳥ぐけの実演

こんな感じです。


 

本仕立て後の帯

本仕立て後の帯

これで帯が着用できる状態になりました。
この状態が本仕立てされた帯です。


真面目に説明します

帯には、「 仮仕立て 」と「 本仕立て 」に分けて完成する帯と、「本仕立て」のみで完成する帯があります。

仮仕立てと本仕立てに分かれる帯

袋帯、京袋帯、丸帯、半幅帯など。

 

本仕立てのみの帯

九寸名古屋帯、八寸袋名古屋帯など。

※ 帯の種類と名称について知りたい方はこちら。

 

仮仕立てとは何をするのか?

表地と裏地で別々の反物の脇を縫って、一つの帯の形にします。

帯の脇さえ縫ってあれば、それを仮仕立て済と呼びます。

 

本仕立てとは何をするのか?

帯を着装できる状態に完成させます。

帯の端っこを縫います。必要であれば帯芯も縫製します。

 

何故、二段階に仕立てが分かれているのか?

販売時に お客様にどんな帯か分かりやすく見せる為であり、
販売後に お客様に合わせた仕立てをする為です。

 

最近は、本仕立が終わった状態での販売も増えています

逆に昔、仮仕立てしていない反物の状態での販売が流行った事もあるそうです。

 

 

メーカーや販売店の方から よくある質問

今現在、仮仕立と本仕立を分ける意味はあるのですか?

目的によります。

「安価で販売をしたい」「別にお客様の細かな要望を汲み上げる予定もない」「お買い上げ後、すぐに納品したい」場合は仕立て上がりでの販売で良いと思います。

逆に一人一人のお客様の要望を汲み上げたい場合は、従来通りの2回に分けた仕立て形式が適していると思います。
例えば、やわらかめの帯が好きな方と硬めの帯が好きな方がいた場合、ご希望に合った帯芯を入れる事で帯の硬さを調節することが出来ます。



ごんちん

僕らは仕立て屋だから、このへんをちゃんとやりたいなと思ってネチネチとブログで啓蒙活動しとります

色々な帯の仕立て種類を知りたい方は、こちら。