帯を手作り!?えー!!無理無理そんなのムーリー!!

と、ほとんどの方はそう思っています。

ノンノン、ドンウォーリー。

浴衣帯・手作り

実は意外とフリーダム

オリジナルの浴衣帯を作っちゃいましょう!!

詳しい手順をご説明しましょう↓↓↓

 

 

① 生地を用意する

浴衣帯・作り方1-1

長さ)約4m × (巾)約40cm  (縫い代込)

一般的な長さはこの位と考えて良いと思います。

出来上がりの長さは両端を数センチ中に折り込むので4メートル弱

は二重にするので、(出来上がり巾20㎝-縫い代×両端)の17~18センチと考えて下さい。

 

ただ、これは標準的な長さ。手作りの良いところはここを自由に出来るところです。長くも短くも太くも細くも自由自在!特に決まりはありません。帯が長ければボリュームのある結び方に対応できますし、長さが余りすぎて困っていた方は、短めに作ってみたら良いと思います。

(ちなみに私たちは毎日帯を仕立ててるので普通の物じゃ満足できなくなっちゃって、5メートルも買っちゃいました・・・)

 

 

② 採寸する

浴衣帯・作り方2

ここで折り返して出来上がり巾を決めます。

 四寸五分 これは一般的な帯の巾ですが、センチに換算すると約17cm

尺・寸の詳しいお話はこちら

出来上がり巾を17cmにするのなら、縫い代込で20cm(開いた状態で40㎝)ほどの場所に印を付けます。

 

(ちなみに、最近は少しだけ太目が流行らしいですよ・・・☆)

 

 

③ 裁断する

浴衣帯・作り方3

先程印を付けたラインをひたすら断ちばさみもしくはロータリーカッターなどでチョキチョキひたすら切りましょう。

柄によっては真っ直ぐの目安が付きやすいものもありますが、分かりにくいものに関してはしっかり印を付けておきましょう。

(写真の生地の場合、パターンが整っていたので印も付けずにフリーハンドで切れました)

おそらく今まで経験したことのない長さの裁断だと思います。

地味に頑張るところです。

 

 

④ 縫う

浴衣帯・作り方4

裁断した生地を縫います。

※距離が長いので縫っている最中に上と下の生地のつじつまが合わなくなることを防ぐため、ところどころ洗濯バサミなどで挟んで合わせておきます。結構重要な作業です。

片端はとじる始末が必要ないように2センチほどのところを縫ってから、ひたすら縦にドドドドガガガガ・・・と縫い進みます。

最後までいっちゃってください。

 

 

⑤ ひっくり返す

浴衣帯・作り方5

何となく帯の形状が見えてきてテンション上がっている時ですが、慌ててはいけない。

このまま何もせずひっくり返すと角が上手く出ずにもう一度ひっくり返し直すハメになるのが目に見えている・・・

なので、このように角をたたんで糸でしつけておきます

このひと手間でひっくり返した後に角が綺麗に出てくれます。

 

浴衣帯・作り方5-2

中に手を入れて引っ張り出していきます。

(帯が細いと手が入りにくく苦労しますが少しずつ頑張ります)

 

浴衣帯・作り方5-3

このように二人でやると捗ります。

(なんせこの生地5メートル・・・この時点で長くしたことに少し後悔・・・してない!!してないよ!!)

 

 

⑥ 端を整え折り込む

浴衣帯・作り方6

ひっくり返した後に、目打ちや針などを使って角をきっちり出します

ここがキチンと整っていることは重要です!

 

浴衣帯・作り方6-2

とじていない方の帯端を数センチ中に折り込む

片方はミシンで縫えているので、とじれていない方の帯端の始末の準備です。

中に折り込み、アイロンで整えましょう。

リバーシブルに使うので、きっちりピタッと合わせてください。

 

浴衣帯・作り方6-3

ここでついでにアイロンで全体のシワをとっておきます。

家庭にはこんなに長い台はないと思いますので、アイロンも一苦労ですが完成まで目前!!

ファイト!!!

 

 

⑦ 帯の端をとじる

浴衣帯・作り方7

帯の端をとじます。

内側の布だけをすくって糸目が見えないように丁寧に・・・

と、言いたいところですが、面倒であれば布用ボンドなどで留めてしまっても問題ないと思います。

 

完成!!!!

浴衣帯・作り方8

おめでとうございます!!

これでオリジナル浴衣帯の完成です!!

 

フリーの生地で帯が完成

締めてみましたー!

5メートルという長さを生かしてリボンにボリュームを出す結び方が出来ました。

今回は簡単にということで帯に芯を入れませんでしたが、接着芯などを付ければハリのある形に仕上がります。もう少し薄めの生地であればクシュクシュっと柔らかい軽やかなアレンジも可能です。

綺麗に着るコツとして、胴回りに厚紙などの前板を入れておくと前面のシワが目立ちません。

お好みの帯締や帯留などのアイテムを加えてより一層オリジナル感を出すと素敵ですね!

お好みの生地で色々な帯を作ってみましょう!!

 

誰でも出来る!リボン結びの方法はこちら