帯 ミシン仕立てか手縫い仕立てか

ミシン仕立て or 手縫い仕立て

何の帯でも縫おうと思えばミシンで縫えますが

出来るか出来ないかを問われれば、何帯であれミシンで仕立てる事は可能です。対比が多少悪くとも、プレスで納品時ぐらいまでは誤魔化せもします。

 

お客様に「これ、ミシンか手縫い、どっちがいいの?」と聞かれるとき、

それは、ミシンでも大きな問題がないならミシン仕立てにしたい。問題があるなら手縫い仕立てにしたい。という意図が多いです。このページでは、そのような質問に答えていきたいと思います。着物も帯も腕の良い職人さんの手縫いが良いに決まってますが、予算との兼ね合いな話です。

 

最も品質の差が出るのは、九寸名古屋帯

そもそも、一定以上のレベルで仕立てられる会社自体が極めて少数で、大抵の場合、クオリテイーが大きく低下します。特に塩瀬の帯はやめておいた方がいいです。逆に、生地が比較的カッチリしている帯は、質の低下が少なく済みますのでミシンも有りです。

 

次は、八寸袋名古屋帯で帯の巾がガタガタなタイプ

大抵の八寸帯は、ミシン仕立てで支障ありません。ここで問題にしているのは手織りの八寸など、生地の幅が凸凹している帯です。手縫いで丁寧に微調整しながら仕立てる事をお勧めします。

 

上記以外はミシンでOK

実際、世に出回っている帯はミシン仕立てが主流で、どんどん比率があがっています。

 

袋帯の三段縫い

袋帯自体は、ミシン仕立てが主流でそれで何の問題もありませんが、「表地」「裏地」「帯芯」を一度の縫製で一気に縫い合わせている芯入れ仕立ては絶対にダメです。価格競争の激化でどんどん増えてますが末期の手抜きです。帯仕立ての値段と手抜きの関係を詳しく知りたい方はこちら。

人間をやめた帯の仕立て屋

 余談。ほどきにくい帯NO1は、腕の良い職人が仕立てた昔々の手縫いの帯

小まめに糸を替え、完璧に帯地の色に合わせて丁寧に縫われた手縫いは、ホントに解くのが大変です。糸が生地にめり込んで一体化し、糸が見えません。