このページでは、弊社で取り扱っている各帯芯の紹介をしていきます。

平畳みの帯芯

すぐ買いたい方はこちら

みつやまにお仕立をご依頼の方は、このページを見て頂く必要はありません。

帯を拝見させてした後に、担当スタッフより、
価格帯や仕立て上がりの好みなどをお聞きして 適切な帯芯をご提案させて頂きます。

このページは、あくまで帯芯をお買い求めの方向けへの紹介ページです。

みつやまの帯芯の特徴

みつやまの帯芯は普通の帯芯です。
「弊社だけの〇〇加工!」「最高級極上の締め心地」などという売り文句は一切ありません。

でも、以下についてはお約束いたします。

  • 品質を偽らない
  • 産地を偽らない
  • 中身をすり替えない
  • 効果を誇張しない
ごんちん

当たり前の事なんですけど、今、この当たり前を貫くのが厳しい業界なんです

【帯芯の選び方】品質や価格、流通の裏話など


よろしければ、こちらの記事もご一読ください。

みつやまの帯芯ラインナップ

このページは弊社の扱っている個々の帯芯の解説ページですので、
「帯芯そのものについての知識」を得たい方は、こちらのページをご覧ください。

価格競争用の帯芯

品番GR-1 中国製

激安帯芯 薄めバージョン
【綿】【後染め】【広幅】【低密度】【単糸】

おすすめしてません。

昨今の厳しい低価格競争にも耐えうる私の知る限り最も安い帯芯です。
糸の数が少なくペラペラなのを樹脂で誤魔化してあります。
着用を繰り返すと樹脂がくだけてペラペラに戻ります。
とにかく安く仕立てたい時のみ存在価値があります。

GR-1の販売ページ

袋帯用の帯芯

品番GA-1 三河芯

無難な袋帯用帯芯 厚めバージョン
【綿】【先染め】【小幅】【中密度】【単糸】

帯の使いやすさ、締め心地に特に強い関心がない方は、このGA-1とGA-2の帯芯をおすすめします。
GA-1は、帯に腰を持たせたい時に使います。

GA-1の販売ページ

品番GA-2 三河芯

無難な袋帯用帯芯 薄めバージョン
【綿】【先染め】【小幅】【中密度】【単糸】

GA-1とほぼ同じ性質ですが、こちらは帯をガチーンとさせたくない時が出番です。
元々からブ厚い帯にGA-1を入れるとゴツくなりすぎる場合や、たらっと柔らかい感じで締めたい時に使います。

GA-2の販売ページ

品番GAA-1 三河芯

高級帯芯 厚めバージョン
【綿】【先染め】【小幅】【高密度】【双糸】

GAシリーズが単糸なのに対して、GAAシリーズは双糸です。
単糸よりも双糸の方がしなやかなので帯が使いやすくなります。

GAA-1の販売ページ

品番 GAA-2 三河芯

高級帯芯 薄めバージョン
【綿】【先染め】【小幅】【高密度】【双糸】

GAA-1より薄手の双糸の帯芯です。

GAA-2の販売ページ

九寸名古屋帯用

品番GN-1 三河芯

無難な九寸名古屋帯用の帯芯
【綿】【先染め】【小幅】【中密度】【単糸】

特にこだわりがない方にお勧めです。

GN-1の販売ページ

品番GN-2 三河芯

名古屋帯用の厚めの帯芯
【綿】【先染め】【小幅】【中密度】【単糸】

GN-1に比べて厚めです。ちょっとパキパキ感が気になります。
帯芯は厚くなるほど品質差が出やすくなるので、個人的にはこれを使うなら双糸で織られているので しなやかなGNN-1の方をおすすめします。

GN-2の販売ページ

品番GNN-1 三河芯

名古屋帯用の高級帯芯
【綿】【先染め】【小幅】【高密度】【双糸】

名古屋帯用の双糸タイプ。厚めバージョン。

GNN-1の販売ページ



双糸(高級タイプ)で薄めバージョンをご希望の方は、GAA-1をお使いください。
袋帯用とか名古屋帯用という分類は、お客様が選びやすいように私が分類しているだけです。

起毛芯(塩瀬などツルツルな生地に使われる摩擦力がある帯芯)

品番GS-1 三河芯

摩擦力に特化した起毛芯
【綿】【先染め】【小幅】【中密度】【単糸】

塩瀬などのツルツルした帯に向いてます。帯と帯芯が添わずパカパカした状態になるのを緩和します。
しかし、厚手なのでガチーンとしたお太鼓になりやすく嫌う人もいます。

起毛芯でも双糸で織られているGSS-1の方がしなやかでおすすめです。
価格差も弊社のような会社でお買い求めの場合は500円程度です。

GS-1の販売ページ

品番GSS-1 三河芯

起毛芯の高級タイプ
【綿】【先染め】【小幅】【高密度】【双糸】

厚手ですが、しなやかですのでバキバキした感じはありません。
最近は、帯地ではない色々な生地で帯を作る機会が増えているのですが、多くの生地は帯地に比べるとペラペラな為、よく私はこのGSS-1を使います。

GSS-1の販売ページ

絹芯

品番GK-1

不織の絹芯

おすすめしていません。

織物ではなくニードルパンチ製法といって、針で上からグサーーーーっと刺して絹の屑糸などを固めて作られています。
ハンドメイドで人気の「羊毛フェルトで人形を作る」のと理屈は同じです。

ふんわりした風合いがあります。
欠点は耐久性です。破れます。

いくらでも少ない原材料で薄く作れるので、非常に安く作ることが出来ます。
「絹芯は高いものというイメージ」を利用して 高く売って儲けるビジネスが横行しております。

GK-1の販売ページ

品番GK-2 三河芯

織物の高級な絹芯

多くのお客様、企業様に長年使われ続けている信頼できる本物の絹芯です。

本物の絹芯というと大袈裟ですが、最近は前述した不織の絹芯や綿と混合した絹芯(これを絹芯と呼ぶのはおかしい気もしますが)などが出回っているので、
ちゃんとした絹芯って事自体に価値がある気がします。

GK-2の販売ページ

カラー帯芯

品番GC-1 三河芯

絽や紗などの透ける素材の帯に合わせる色がついた帯芯です。
弊社で取り揃えているのは全24色。

モニターで色の見え方が異なったり、ロットによって上がってくる色が異なる場合がございますが ご了承ください。
※本当に異なりますので ご参考程度に。

GC-1の販売ページ

夏用の帯芯

品番GM-1 三河芯

網目状になっていて風通しが良いように作られている帯芯。

夏用の透ける帯だからといって、夏用の帯芯を使わなければいけないわけではありませんが、
せっかくなのでオススメしています。

GM-1の販売ページ

お問い合わせ

弊社にお仕立てをご依頼の方は、通販サイトで帯芯を買っていただく必要はありません。
帯を拝見させて頂いてから それに合う帯芯をご案内させて頂きます。