帯のガード加工(撥水・撥油加工)を承っております。

帯のガード加工 ご注文ページ

ごんちん

これは、かなり安いよ

ガード加工とは?

ガード加工とは、着物や帯に対して行う撥水撥油加工(はっすいはつゆ)の事で
着物や帯を汚れにくくするのが目的の加工です。

着物のガード加工が水をはじいてる様子
ガード加工をした着物や帯に水をかけてみると、このように生地に染みこまず はじきます。

ガード加工の実際の効果

ガード加工の効果-比較写真
水滴がいっぱいの上写真からテッシュで水分を除去した写真です。
青い四角部分はガード加工済です。赤い四角部分はガード加工していません。

ガード加工の効果-拡大写真
拡大写真。
ガード加工をした部分はシミがなく、ガード加工していない部分はけっこうなシミになっています。
ガード加工をしてない部分には特に水をかけようとしたわけではなく、ハネた水がついただけなのですが、それでも明らかに違いが出ています。

ガード加工していれば大雨でも大丈夫?
とはいえ、このような大雨から完全に守ってくれるわけではありません。

みつやまのガード加工の特徴や仕様

ガード加工そのものは、他社と比べて大きく秀でているところはありません。

ちょこっと色々な溶剤を混ぜて「当社だけの〇〇効果」という事もしておらず、極めて普通のガード加工です。

売り文句としましては、弊社は、帯の仕立てでは大手なので、自社で行うガード加工とは別に、毎日毎日、他社が行った膨大な数のガード加工済の帯を見ています。
そこから得られた知識(メーカー〇〇のこの帯は、よく縮んでるなど)により、加工方法や熱量の調整をより最適な判断で行う事が出来ます。

帯専用

ガード加工をする為の機械(かなり大きい)が帯に特化した専用規格です。
ガード加工の効果が上昇するわけではありませんが、効率と安全性に優れています。

また、帯仕立てと同じ社屋で行っておりますので 帯仕立てと一緒にご注文頂いた場合は 安い料金で提供できます。

ごんちん

悪く言えば帯しか出来ないんですが

着物でも、最終的な形が帯やバッグになるものはガード加工可です。

仕立て料金・値段

通常 2500円。
仕立てや他の加工と一緒にご注文の場合は1900円です。

パールトーン加工やハジックガードなどのような商品名はありません。

本当はあるのですが、特に自社ブランドとして売り出していこうという予定もなく、
また、業界関係者に迷惑がかかる可能性もあるので伏せています。
タグやパンフレットも添付しておりません。ご了承ください。

だからといってモグリの業者ではありません。

当社のガード加工は、住友3M社のスコッチガード認定加工場として始まっています。
その際に受けた技術指導の上に みつやまのガード加工は出来ています。モグリではありません。

5年保証とか永久保証とかはありません。

「ガード加工は保証付きが当たり前」という風潮がありますが、弊社のガード加工に保証はありません。
しかし、後ろめたい何かがあるわけでもありません。

ガード加工は、色々な理由(摩擦など)で効きが落ちたり、落ちなかったりするものです。
例えば、超有名な某社様の撥水加工をほどこした着物に水をかけてみると、一度は綺麗にはじきますが、二度目は如実に効果が落ちます。
そういうものなので、〇年間は大丈夫といえるものではありません。

ということで、保証はつけておりませんが、そのぶんお安くしております。

ガード加工とパールトーン加工の違いって何ですか?

ガード加工とパールトーン加工の違い
「バンドエード」という名称が、ジョンソンエンドジョンソンの商品名であるのに 絆創膏と同じ意味で使われるように、
パールトーン加工も、あまりに有名であるが為にガード加工と同じ意味で考えられがちです。

パールトーンやスコッチガード加工は、各社加工の商品名であり、 ガード加工とは、それら加工の総称です。

帯にガード加工って必要なんですか?

ガードは、いざと言う時の保険のようなものなので絶対にこうしなさいという答えはありません。
以下に代表的な意見をいくつか載せておきますので参考になさってください。

  • 帯は、着物に比べて汚れの処置がしづらいので しておいた方が良い。
  • 白い帯など汚れが目立つものにだけする。
  • 使用目的、頻度で分ける。
  • 安心を買うという考え方。ビクビクしながら動くのも嫌なので、ガードしておく。
  • 汚れなければ どうという事はない。しない。

ガード加工のデメリット

汚れが落ちにくくなると聞いた事があるのですが?

「ガード加工してなければ落ちたのですが」というように、落ちなかった理由としてシミ抜き屋さんからよく聞きます。

ですが、当社ではガード加工が原因で汚れが落ちなかったという経験はありません。 落ちないのではなく、落とせない方がいるというのが正確な表現でしょう。

ガードで帯が縮む場合があると聞くのですが?

事実です。縮む事があります。しかし原因は他にあります。

良い帯の仕立ては、生地を縮めてから縫製をするのですが、その工程を端折って仕立てられた帯は熱や湿気によって縮みやすくなっています。このような帯は、たんすにしまっているうちに少しづつ縮んでくるものですが、その現象が、ガード加工でかかる熱と湿気で 早まっただけと言えます。

風合いや通気性が悪くなるという噂は?

加工先によっては、ベタベタになったりカチンカチンになったりする事もあるようです。
当社の場合、全く損なわないわけではありませんが、精神を研ぎ澄まして触り比べない限りは違いに気づくことはありません。

効果は永久ですか?

いいえ。撥水をうたっている傘がありますが、だんだん効果が薄れてくるのと同じです。
何年ぐらい持ちますか?とよく聞かれますが使用状況などにより大きく変わりますので お答えが難しいです。

ご注文は以下のフォームからお願いします。

    お名前 (必須)

    電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    商品送り先の住所と郵便番号 ※必須

    お支払い方法の選択 ※必須

    題名

    メッセージ本文

    内容にお間違えなければ、チェックを入れて送信してください