半幅の作り帯・矢の字
【J】矢の字

半幅の作り帯・吉弥結び
【K】吉弥結び

半幅の作り帯・後見結び
【L】後見結び

矢の字と吉弥結びと後見結びの違い

着用した状態だと分かりにくいので結び目だけ切り抜いた写真です。

矢の字の形
矢の字
吉弥結びの形
吉弥結び
後見結びの違い
後見結び

それぞれカッコイイ名前がついていますが、部分的に少し違うだけで ほぼ同じ構造です。
スタンダードな貝ノ口の形は、構造上の都合でありません。

ポイント

落ち着いた感じの帯結び代表。ペッタンコなのでイスにもたれても大丈夫。
昔ながらの定番の結びで今でも人気があります。

注意点

作り帯の中でも特にスッキリした構造で、使いやすくなっていますが、
使用するには帯締めが必要です。

帯締めを使わない構造にするか悩んだのですが、あえてシンプルさと使いやすさを優先しました。

料金

  • 半幅帯から作る場合 3,980円(税込/送料別)
  • 持ち込みの生地から作る場合 8,980円(税込/送料別)
  • 着物や羽織から作る場合 12,980円(税込/送料別)

必要条件

    半幅帯から作る場合

    ページ最後の方にある弊社指定の測り方(骨盤測り)で寸法ごとに下記以上のの帯の長さが必要になります。

    骨盤寸法70㎝の方は、帯の長さ345㎝以上
    骨盤寸法75㎝の方は、帯の長さ355㎝以上
    骨盤寸法80㎝の方は、帯の長さ365㎝以上
    骨盤寸法85㎝の方は、帯の長さ375㎝以上
    骨盤寸法90㎝の方は、帯の長さ385㎝以上
    骨盤寸法95㎝の方は、帯の長さ395㎝以上
    骨盤寸法100㎝の方は、帯の長さ405㎝以上

    生地から作る場合

    幅90㎝以上で長さが150㎝の生地が2枚必要です。
    生地面積は色々な場合に備えて余分を見ていますので、さらに長めに買っていただく必要はありません。

    着物や羽織の場合

    汚れや傷が激しかったり、小さな子供用でない限りは問題なく作れます。

貝ノ口シリーズの柄の出方

貝ノ口シリーズ(吉弥結び)の柄出し指定図
A面がメインとなる柄。B面がサブになります。

矢の字も吉弥結びも後見結びも共通でA面のみが表に出ます。

他の種類の作り帯も見る

サイズの測り方

貝ノ口以外の弊社の半幅作り帯は、フリーサイズに近い構造なので おおまかな寸法でも問題なく着用できるのですが、(あまりに誤差があると使いづらくはなりますけど)
貝ノ口だけは、下記の測り方でお願いいたします。

この作り帯はお客様のサイズに合わせて作るオーダーメイド品である為、メジャーを使って下記の方法で寸法を測ってお知らせください。

作り帯のサイズの測り方
上写真のようにグルっとメジャーを巻いて1周分の長さを測ります。
写真は服を着た状態ですが、実際に測る時は服を脱いだヌード寸法でお願いします。

作り帯のサイズ測定方法
骨盤を前から見た図(左)と横から見た図(右)。
メジャーで骨盤のポコっと出っ張った位置(赤い点の部分)の高さでサイズを測ります。

採寸方法-良い例
良い例。
赤い点に重なるように測る。

採寸方法-ダメな例
よくある悪い例。
赤い点より上で測る。

採寸のコツ

失敗例のほとんどが、メジャーを巻くのが「ゆるすぎた」というものです。
ほんのちょっとキツイかなというぐらいで巻けば大きく間違う事はありません。

ごんちん

少しでも疑問に思うことがあったら、お気軽に声をかけてね

ご注文フォーム

お問い合わせ
※とはいえ、弊社と無関係なセミナーや書籍作りの為のご質問はご遠慮ください。

    お名前 (必須)

    電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    商品送り先の住所と郵便番号 ※必須

    お支払い方法の選択 ※必須

    サイズ ※必須
    ウエストとヒップサイズをお知らせください
    貝ノ口シリーズの場合は骨盤を測ったサイズをお知らせください

    結びの種類 ※必須



    メッセージ本文

    内容にお間違えなければ、チェックを入れて送信してください