2枚の着物を帯にリメイク・仕立て直しの作例

このページのリメイクによって実現できる事

① 通常では帯へのリメイクが不可だった着物も帯にリメイクできます。

例えば、小さすぎたり、傷や汚れがひどくて 帯にするには生地の幅や面積が足りない着物や羽織も2つ合わせる事でリメイク可能になりますし、
本来は難しい(仕立ては出来るのですが、理想通りの柄出しが難しい)とされていた黒留袖や訪問着から帯へのリメイクも容易になります。

② 着物と着物の組み合わせの妙を楽しめます。

これほど仕立て上がりを見るのが楽しみになるリメイクも珍しいと思います。

デザインの種類

どれも2種類の生地を使って仕立てます。
2枚の着物を用意してもらって仕立てる事も可能ですし、1枚の着物を用意してもらって、もう1枚は弊社で生地(西陣織の正絹で無地のもの)を用意する事も出来ます。

デザイン名「市松」

半幅帯用のデザインです。
色々な帯結びに対応できるように表地全体をパッチワークしています。

図解

2枚の着物から帯へのリメイク「半幅帯用 市松」

2枚の着物から帯へのリメイク「半幅帯用 市松」(裏側)
裏側

水色がメイン生地部分。黄色がサブ生地部分です。
図はだいだいのイメージであり出来上がりの帯とは異なります。(四角の数がもっと多いです)
実際の縦横比にしてしまうと細長すぎて見えないのでデフォルメしています。
市松の大きさや着用した時の雰囲気は下の写真をご覧ください。

着用姿

2枚の着物からリメイクした半幅帯(前)
2枚の着物からリメイクした半幅帯(後ろ)

デザイン名「縞(しま)」

九寸名古屋帯用です。
市販の帯でもよくあるデザインで 生地を継いでリメイクした帯とは誰も思わないと思います。

図解

切ばみ帯図解

水色がメイン生地部分。黄色がサブ生地部分。グレーが土台部分です。

着用姿

2枚の着物を帯にリメイクした例(縞)
2枚の着物を帯にリメイクした例2(縞)

デザイン名「片側継ぎ」

九寸名古屋帯用です。
生地幅が足りなくて帯に出来ない着物もこれなら何の問題もありません。
あえて継いだ部分を強調したデザインです。

図解

帯の仕立て直しデザイン-片側継ぎの設計図

水色がメイン生地部分。黄色がサブ生地部分です。
サブ生地部分の幅は6㎝程です。

着用姿

幅の足らない着物に別生地を足してリメイクするデザイン4
幅の足らない着物に別生地を足してリメイクするデザイン

料金

デザイン名
仕立て種類
料金
市松
芯入れ仕立て
35,800円+帯芯代
デザイン名
仕立て種類
料金
縞(しま)
名古屋仕立て
34,800円+帯芯代
開き仕立て(裏地付き)
37,800円+帯芯代
デザイン名
仕立て種類
料金
片側継ぎ
名古屋仕立て
24,200円+帯芯代
開き仕立て(裏地付き)
27,200円+帯芯代
  • 「2枚の着物」で帯を作る場合も 「1枚の着物」と「弊社で用意した生地」で帯を作る場合も料金は同じです。(生地代含みます。)
  • 裏地なし開き仕立てには出来ません。

お問い合わせ・ご依頼フォーム

お問い合わせ

    【お名前】 ※必須

    電話番号 ※必須

    メールアドレス ※必須

    商品送り先の住所と郵便番号 ※必須

    お支払い方法の選択 ※必須

    メッセージ本文

    内容にお間違えなければ、チェックを入れて送信してください