仮仕立ての意味を図解説明します。

仮仕立て前の帯

仮仕立て前の帯


 

仮仕立て中 (脇を縫い合わせる)

仮仕立て中の帯


 

仮仕立て後の帯

仮仕立て後の帯


 

なるほど!これが仮仕立てか


 

 

本仕立ての意味を図解説明します。

本仕立て前の帯

本仕立て前の帯


 

本仕立て中 (帯芯をつける)

本仕立て・芯付け中


 

本仕立て中 (はしっこを縫う)

本仕立て・千鳥がけ


 

本仕立て後の帯

本仕立て後の帯


 

これが本仕立てか

 

 

真面目に説明します

帯には、「 仮仕立て 」と「 本仕立て 」に分けて完成する帯と、「本仕立て」のみで完成する帯があります。

仮仕立てと本仕立てに分かれる帯

袋帯、京袋帯、丸帯など。

 

本仕立てのみの帯

九寸名古屋帯、八寸袋名古屋帯など。

※ 帯の種類と名称について知りたい方はこちら。

 

仮仕立てとは何をするのか?

表地と裏地で別々の反物の脇を縫って、一つの帯の形にします。

帯の脇さえ縫ってあれば、それを仮仕立て済と呼びます。

 

本仕立てとは何をするのか?

帯を着装できる状態に完成させます。

帯の端っこを縫います。必要であれば帯芯も縫製します。

 

何故、二段階に仕立てが分かれているのか?

販売時に お客様にどんな帯か分かりやすく見せる為であり、
販売後に お客様に合わせた仕立てをする為です。

 

最近は、本仕立が終わった状態での販売も増えています

逆に昔、仮仕立てしていない反物の状態での販売が流行った事もあるそうです。

 

 

メーカーや販売店の方から よくある質問

今現在、仮仕立と本仕立を分ける意味はあるのですか?

目的によります。安価で大量販売をしたい場合は仕立て上がりでの販売、
一人一人のお客様の要望を拾い上げたい場合は、従来通りの2回に分けた仕立て形式が適していると思います。

 

色々な帯の仕立て種類を知りたい方は、こちら。