浴衣が他人とかぶるのは絶対に嫌!という方

リメイクした半巾帯でコーディネート

量産品、まして「浴衣」+「帯」+「下駄」のセット買いなど自殺行為

祇園祭に行けば100人は同じ浴衣の人がいると思ってください。屋台で焼きそばを買う時、もし背後に並んだ人と全身かぶったら、そして、さらに、もし、3人かぶってしまったら・・・

 かぶりようがないのがリメイクによる自作帯

既成品の帯に比べて、フリー生地の品数の多さは圧倒的です。かぶる、かぶらない以前に、より自分の好みなコーディネートが可能になります。

半巾帯なら どちらの面を どれだけ出すかも自由自在

リメイク半巾帯でコーディネート・後ろ姿画像

個性派を強調したいなら新聞紙側を多く見せる

逆に抑え目に行きたいなら帯地の方を多く見えるように結ぶだけ。リボン部分を半回転させたりするだけだから簡単です。

半巾帯の結び方を覚えたい方は、こちら。

目立ちたい!でも移動中のバスや電車では潜みたい!

上に書いた方法を応用する事で、その繊細な希望が叶えられます。バスの中では地味な面を表に結んでおき、花火大会の会場に到着後、リボンを反転!いや、無理か・・・

彼氏や旦那さんとペアルックも簡単

袋帯からのリメイクは、半巾帯(女性用)と 角帯(男性用)が各1本、計2本作れます。個性的なペアルックは周囲から「ああ、〇〇な二人ね」というふうに二人一組の存在として強く認識される素敵なアイテムです。

特にブロックしておきたい同性がいる場合などに効果的で、早めに敵の戦意を削ぐ事が可能です。自作のペアルックの威圧感は既製品の比ではありません。

今、帯のリメイクは珍しくないので

リメイク半巾帯でコーディネート・座った画像

難しい事を考えず、このブログを見せて「こんな事したい」と言えば、大抵の呉服店、仕立て屋さんでやってくれます。

安いリサイクル帯と組み合わせる、既成の浴衣帯を仕立て直す、市販の生地だけで作るなど、選択肢は多彩です。

自分でオリジナル浴衣帯を作ってみたい方は、こちら。
仕立屋さんにオリジナル帯をオーダーしたい方は、こちら