「かわいいし、今しかない!」と思った(仕立てスタッフS子さん談)

2歳侍 最近の風潮について

七五三2歳の侍

フライング七五三だから生意気感が際立つ

上写真の男の子は2歳。神社では、外国の方に「スモール侍」と呼ばれ大人気だったそうです。

最近は「やるべき行事」というよりも「やりたいからやる」という考え方も多く、年齢に対する決まり事をあえて気にしない人も増えています。 大手の写真館には2歳児用の羽織、袴も ちゃーんと置いてあるようです。

 

七五三洋風2歳侍

神社でのお参りを省く人もいる

次の男の子も2歳。お母さんの話では「だって、かわいいから」「やりたくなったら5歳でもやるかも。でも、その時は写真だけでいいかも」との事。

写真を取ってお祝いの食事をするだけ。もしくは写真だけという方も増えています。 「子供も大人も疲れるし、それだったらお参りのお金を食事にまわして、おいしいもの食べたい」との事です。こうなってくると、ますます年齢に関する必然性が薄くなりますね。

 

一般的には いつやるの?一般的にやらなきゃいけないの?

七五三5才の侍

何歳でする?

女の子は3歳と7歳。 男の子は5歳というのが一般的。 昔は、男の子も3歳のお祝いをしたそうですが、今では少数派です。

数え年か、満年齢か

一般的なのは満年齢ですが、数え年派もけっこう多いです。上の子と下の子を同時に効率よく行いたいという理由で選択されたり、祖父母の急なモチベーションアップに引っ張られて早めの数え年が選ばれる事もしばしば。 2歳侍の1人は、おじいちゃんの「早くやろう、早くやろう」に押されたという理由もあるようです。

何月か

正式な日は11月15日。しかし実際には、その前後の都合の良い日が選ばれます。 社内で聞きまわったところ「11月」というラインは守りたい方が多く、2歳侍ですら11月にしたそうです。年齢は飛び越えるが月は飛ばない。二歳侍の母なら「混んでない月日にしよう」とか考えそうなものですが何故でしょうか? 一つには、各施設の割引やプレゼントキャンペーンが11月に多いからという話もあります。

 

掟破り七五三のススメ

兄弟姉妹で一緒に写真が取れる!

七五三5歳&3歳侍



↑上写真は、5歳と3歳の男の子を同時に七五三したものです。2歳離れていますので「満年齢だ」「数え年だ」という理屈を駆使しても辻褄が合いません。

この子達のお母さんが言うに「一緒にやった方が楽なんで」との事ですが、兄弟で微笑ましく映るこの写真、素晴らしくないですか?
私はもう、別々にやる方が不自然な気さえしてきました。

このような記念写真は人生の節目節目で見返したりするものです。
将来、遺産争いなどで兄弟が仲違いした時、押し入れからハラリと、こんな兄弟仲良しな写真が出てきたら !!

 

福井県小浜市では、男女ともに七五三は5歳!

と申す営業マンが社内にいるのですが事実確認はしておりません。地域によってバラつきがあるのは確かな話で「3歳男の子」を強く押すところもあります。

結局、いろいろな人の便宜上、満何歳で〇〇などと言われていますが、昔は数え年であったのに世情に合わせて変更するなど、すでに歴史的な正当性というものは失われているわけです。

成人式も昔は年齢を基準に行われていましたが、今は学年です。成人式後の同窓会も学年制の方が盛り上がりやすいですからね。

 

パンストは2枚はけ!

この記事を書いてるうちに、もう七五三は いつでも良いという思いが確信になりつつありますが、そんな私に事務員のTさんが「11月は思った以上に寒いので、お参りに行く時は必ずパンスト2枚!」と言っています。