それを全て言えるのは うちの仕立屋でも ゴールド テイラーである私だけです

第八感に目覚めた聖仕立士

では、順番に挙げていきましょう

 

並の仕立屋(Bronze tailor)が認識しているのは良くて5つまで。

ブロンズレベルの仕立屋

 

【第1の かがり】

袋帯、または京袋帯の端を縫う行為を指す

 

【第2の かがり】

袋帯、または京袋帯の端の縫い方のうち、少し深まったところを縫う千鳥ぐけではなく、口が開かないようにピッタリと縫い合わせたものを指す

 

【第3の かがり】

特定の仮仕立の縫製方法を指す

 

【第4の かがり】

特定の縫製方法全般を指す

 

【第5の かがり】

「かがり帯」という言葉で八寸袋名古屋帯を指す

 

このへんまでは、皆さんもご存じなのではないでしょうか?

 

 

うちの部長クラス(Silver tailor)が認識する第六番目の かがり

目覚めろ!俺のシックスセンス

 

【第6の かがり】

芯を入れない袋帯または京袋帯の本仕立てを指す

 

ここまで到達した仕立屋は、一流の中の一流と言えます。多くの職人は ここまで来れません。

 

 

そして、セブンセンシズに目覚めた私(Gold tailor)だけが認識可能な第7かがり

ライトニング帯仕立て

 

【第7の かがり】

仮仕立そのものを指す。

 

 

・・・ いかがだったでしょうか?

「かがり、いくらですか~?」などと気軽に使いがちですが、誤解を生みやすい危ない言葉なんですよ。

 

 

よくある質問

「黄金仕立士」と「スター仕立屋」と「赤い仕立屋」は、誰が一番、仕立てが上手いのですか?

 

光速で仕立てるゴールド テイラー

セブンセンシズに目覚め 光速で縫い針を繰り出すゴールドテイラーか

 

オラオラオラ

止まった時の中を2秒だけ動けるスター仕立屋か

 

赤い仕立屋

注文の2~3手先を読む赤い仕立屋か

 

to be Continued