古風な柄で、出番のない帯を、今使える!使いたい!半巾帯にリメイクしました。

リメイク前の帯と市販の生地

用意した素材

右下が室町で安く購入した古帯。左上が手芸屋さんで購入してきたフリー生地。
この二つを融合させて、普段着物や浴衣に使えるリバーシブル半巾帯へのリメイクを開始します。

 

帯をリメイク・縫製中

リメイク開始

帯の方が分厚く腰がある素材なので、帯芯は入れずに仕立てます。最近は、リボンを二つ以上作るなど複雑な結び方が増えているので、クシュっと出来る やわらかい仕立て上がりが好まれる傾向があります。

 

 

半巾帯にリメイク完成

完成

どうでしょうか?しばらく出来上がった帯を私の机の横に置いておいたのですが、通りすがるスタッフが「これ何?」といって見て行きました。少なくとも注目度は高いようです。

用意したフリー生地がカジュアルだった事もあり、半巾帯をチョイスしました。

半巾帯は、昔から普段着使いな帯で、結び方も自由で楽。結ばなくても端を折り込んでおくなどの使い方も出来るので、多様なシーンに対応出来ます。

 

帯地は要らないんじゃないの?的な意見多数。

新聞記事風な生地が人気で、これだけで角帯を作りたいという声もありましたが、今回はリメイクに力を入れたかったので古風な柄と現代っぽさを組み合わせてみました。

古きものと新しいもののアンバランス的な感じで。この帯を使ったコーディネートを見たい方は、こちら。

市販の生地だけで浴衣帯を作ってみたい方は、こちら。