お祭りや花火大会など大勢の中でちょっと目立つ、個性的でかわいい帯結びを紹介します

個性的でかわいい浴衣帯・半幅帯の結び方

浴衣帯の結び方・完成写真

浴衣や普段着物に締める半幅帯の結び方って実は簡単。

だって、グルグル巻いて、一度ギュっとして、あとはモフモフっとするだけ。
まずは、ちゃんと結ぼうとせず、適当に最後までやってみてください。流れをつかんだら簡単だという事が分かってもらえると思います。

 

まず、帯を巻き始める位置を決めます

帯結びの前準備
上のように持って立ちます。赤い矢印の長さは、だいたい手幅3つ分ぐらい。

手先に必要な長さを手幅で測る
こういう感じで測ります。

中心にくる部分にクリップで印
説明上 真ん中にもってくる位置が分かりやすいようクリップで印をしましたが、自分で締める時は不要です。

帯端を肩にかける
帯の片側を肩にかけます。(といっても、短すぎて かかりませんのでクリップで止めておくか、面倒な方は かけなくても良いです)

 

帯を胴に2周巻きます

反時計まわりに巻いていきます
上写真のように 反時計回りに巻いていきます。

 

1周目・鹿

帯を胴に巻く1 帯を胴に巻く2 帯を胴に巻く3 帯を胴に巻く4 帯を胴に巻く5 帯を胴に巻く6
帯を胴に巻く7
一周巻きました。

 

2周目・鹿

帯を胴に巻く8 帯を胴に巻く9 帯を胴に巻く10 帯を胴に巻く11 帯を胴に巻く12 帯を胴に巻く13 帯を胴に巻く14
帯を胴に巻く15
2周目を巻き終わりました。

 

一度、結びます

リスと着物女子
肩にかけていた帯端を

肩にかけていた帯を下す
おろします

帯を一度結ぶ1
写真のように回して

帯を一度結ぶ2
クロスさせます。そして ひと結び。

帯を一度結ぶ3
帯を一度結ぶ4
帯を一度結ぶ5
帯を一度結ぶ6
ぎゅっと しっかり結んでおきます。

 

解けにくいように 結び目をねじっておきます

帯を一度結ぶ7
帯を一度結ぶ8

帯を一度結ぶ8

一度 こうしておく事で、着ている間に ほどけにくくなります。この結び方に限らず よく使われる結び方のコツです。

 

メインの結び部分を作っていきます

まず、リボンの羽根部分

帯端を広げる
長い方の帯端を広げます

リボンの羽根を作る

リボンの羽根の作り方・図解
上の写真は やり方の一例です。数字の順番に折ってください。半幅帯の結び方は、自分の出したい方の面が見えるように好きにアレンジできるのが良さでもあります。

リボンの羽根の作り方・全体写真
こんな感じになります。

リボンの羽根の作り方・図解
全てをリボンの羽根部分に使い切らずに、写真のように余らせて 垂らしておいておいてください。ここが、この帯結びの肝です。

  • 赤い四角 羽根部分
  • 青い四角 余らせておく部分

 

リボンのヒダを作る1
リボンのヒダを作る2
リボンのヒダを作ります。ヒダの数を増やすも減らすも ご自由にアレンジしてください。

 

リボンの羽根をグルっと1周 巻いて固定します。

巻いていくのは、さきほどリボンの羽根を作ったのとは”“の短い方の端。

帯結び・リボンを固定1
帯結び・リボンを固定2
帯結び・リボンを固定3
帯結び・リボンを固定4
帯結び・リボンを固定5
帯結び・リボンを固定6
帯結び・リボンを固定7
帯結び・リボンを固定8

帯結び・リボンを固定9
最後、ギューーーっと引っ張っておきます。

リボン部分完成
で、こんな感じになります。

リボン部分・図解
今度も全てグルグル巻いてしまわずに(巻くのは1周だけ)上写真のように残して垂らしておきます。

  • 赤部分 巻いた部分
  • 青部分 垂らした部分

 

あと少し。メインの結び部分を作ります。

帯のはしを広げる
反対側の端を写真のように広げます。

帯の結び方・メイン部分1
帯の結び方・メイン部分2
帯の結び方・メイン部分3
帯の結び方・メイン部分4
帯の結び方・メイン部分5
帯の結び方・メイン部分6

 

中を整えます

こうしなければダメというパターンはありません。自分好みの見た目になるように自由にアレンジしてください。下のやり方は一例です。

帯の結び方・メイン部分8
帯の結び方・メイン部分9
ねじりを入れるとボリュームが出やすくなります


帯の結び方・メイン部分10
帯の結び方・メイン部分11
羽根を広げてみたり

 

結び部分の完成です

かわいらしい帯の結び方が完成

 

 

結びの部分を背中に回します

お腹をひっこめて、よいしょ よいしょです。

結んだ部分を背中に回す1
結んだ部分を背中に回す2
結んだ部分を背中に回す3
結んだ部分を背中に回す4

 

そしてー

 

完成!

完成画像・帯締めなし
お疲れ様でした

 

 

帯結び ほんのちょっと応用編

帯締めを使ってみましょう。オシャレとしてはもちろん、一か所抑えが効く事で結びの形を色々とアレンジしやすくなります。

帯締めを使う

帯締めを通す位置、拡大写真
上の写真のところを通して、前で結ぶだけです。簡単。

 

再び 完成!

鹿とガーリー

 

え~・・・

この記事を見て、皆さん色々と思いますよね・・・

モデル担当がね、小鳥や鹿を一緒に出せというのでね・・・