全通帯 六通帯 太鼓柄
帯種類 図解

 

全通、六通、太鼓柄の大きく分けて3つ

全通柄とは

帯全体に柄がある帯の事です。生産コストが高くつく為に、某社社長の「今年は全通で勝負する」というセリフで笑いがとれる程、生産数が減っています。 メリットは多種多様な結び方に対応できる事です。また、タレ、太鼓、前太鼓、手先をどうとでも動かせる為、締め方に融通がきき、ふくよかな方でも締める事が可能になったりもします。(多少ですが)

 

六通柄とは

帯の六割程に柄がある帯の事です。帯は胴回りを二周巻きますが、着用後に隠れる事になる一周目部分を無地にした帯です。この無地部分は通称「中無地」と呼ばれます。 中無地に柄を入れるコストが必要ない為、全通帯に比べて安くつきます。注意点は、手先部分の柄の長さに気をつける事。手先の柄部分が非常に短く振袖結びの定番である「ふくら雀」をしようとすると柄が足りない、というのはよくある話です。(この場合、1尺2寸は欲しい)自分がしたい結び方と相談して購入してください。 もう一つの注意点。最近、あまり見かけなくなりましたが中無地が長すぎる帯があります。この場合、ふくよかな方だと脇腹に無地部分がでます。

 

太鼓柄とは

ポイント柄、とび柄とも呼ばれる事が多いです。太鼓やタレ、おなか部分にだけ柄がある帯です。

 

リバーシブル柄とは

表の柄と裏の柄のどちらでも締められるようになっている帯です。1本で2本分というお得な帯ですが、生地の性質や組み合わせ次第では使いにくいというデメリットもあります。このような場合は、リバーシブル帯を2本の帯に仕立て直すという選択肢もあります。(袋帯のみ可能)表地と裏地を一度ほどいて、それぞれに新しい無地の裏地を付けるお仕立てです。お店の方に相談してみてください。