1000円で古着の着物を買ってきました。しかし!

リサイクル着物を1000円で購入

なんとなく立ち寄った お祭りの蚤の市で着物を購入したまでの流れ

最初は3000円と仰っていたが

「1000円なら買う」と言ったところ、瞬時に1000円になりました。 蚤の市の魅力は激安品が多いという事。リサイクル着物の相場はあってないようなものですが、仕入れた品を検品して丸洗いやシミ抜きなどを施している店と、そうでない店では値段が大きく異なります。蚤の市の場合は後者が多く、その分安い。

価格を明記してないお店では、値引き交渉は必須

各商品に値札がなく、相手を見て値段を仰る店の場合、言い値で買うと高い買い物になってしまいます。目利きに自信がある方以外は、基本1000円まで、どうしても欲しいものでも2000円までという認識で交渉すれば良いと思います。

ごんちん

地域にもよるが、京都の場合、2つで1000円、3つで1000円って価格帯がフツー。特にどんな店か分からないところは、高い着物や帯を買うべきではない。

 

自分で入念に検品しましたよ

まず、生地が弱ってないか

特に、すそ、ひざ、お尻部分に症状が出やすいので入念にチェックが必要です。

汚れやカビ

着装時に汚れが目立つもの、カビが生えてるものは論外。古い汚れは取れない事が多いうえ、洗い張り(仕立てを解いてから水洗い)なんてすると何の為にリサイクル品を買ったのか分からない金額になってしまいます。 見えない部分においては自分自身の嫌悪感と相談ですね。私が目を付けた着物は、裏側に目立たないシミが一つあっただけなのでOKとしました。

臭い

クンクンやりました。自分が受け付けない臭いは着用出来ません。重要です。

縫製糸の弱り

見た目が大丈夫でも着た動いた瞬間、ビリッ!とかあります。

見極めは難しいですが、一か所でもほつれがある着物は、総じて糸が弱ってる場合が多いです。

今回買った着物の場合、すそ部分の縫製に ほつれがありましたが、数分で直せるレベル(私は仕立て屋なので)だったのと、後日ダメになっても安いし、まあいいかなと。

 

会社でスタッフにお披露目

毒舌揃いの(株)みつやま。たぶんボロクソ言われると思ってましたが、T中さんが「まあ悪くはない」とやや冷たかった以外は概ね好反応。

 

そして、万全を期しての試着

リサイクル着物試着①
リサイクル着物試着②
リサイクル着物試着③

丈が足りなかったリサイクル着物

丈が足りず・・・

蚤の市でリサイクル着物を買う時のまとめ

  • まったりと検品なんて洒落た真似をしてられない環境が多い。検品自体を嫌がる店もある。
  • 直射日光の下では汚れなどが見えずらい。
  • 買ってから難がみつかっても自己責任。ハズレでもいいやという気持ちでなければ買うべきではない
  • 高いから良い店という法則はない
  • 大抵は寸法が小さい。小さいなりに着こなすつもりじゃないと、買える着物は少ない。
  • 店によって商品の質の偏りが激しいので、1つ1つの商品を時間をかけて見ていくより、雰囲気良さそうな店に絞って探した方が早いと思います。
ごんちん

特に帯は良い状態のものが少ないなぁ~という印象。箔物の帯で無事な状態なものは見た事ないです。

 

リサイクル帯の目利き方法、注意点を知りたい方は、こちら。