九寸名古屋帯の仕立て方

九寸名古屋帯は、お太鼓の巾と胴回りの巾を変える事が出来る。

開き仕立ての事ではありません。

開き仕立てのメリットは、着装時に胴回りを自分の好きな巾に出来る事ですが、その反面、九寸名古屋帯が本来持っていた利便性を失うというデメリットがあります。

今回は、そのような話ではありません。
九寸名古屋帯の開き仕立てや松葉仕立てについて知りたい方はこちら

 

九寸名古屋帯の名古屋仕立て

九寸名古屋帯の通常の仕立て方を「名古屋仕立て」と言います。生真面目に伝票に表記すると

【九寸名古屋帯の名古屋仕立てをお願いします】という感じになり、非常にややこしい感じになります。

一般の方は「フツーの半分に折る仕立て」という呼び方が誤解を生みにくく良いと思いますが、呉服屋さんで働く店員さんにとっては事故に繋がりやすい注意点です。新人さんが、八寸袋名古屋帯、松葉仕立てなどの名称とごちゃ混ぜになって注文間違いをするケースを見ます。

 

本題。九寸名古屋帯の名古屋仕立てで、<お太鼓の半分=胴まわりの巾>という法則を変える方法

仕立て方も、仕立ての注文方法も簡単です。

 

仕立て方

九寸名古屋仕立て・帯巾を変える位置・図解

半分に折る部分と、折らない部分の境目で三角になっているところがあります。この部分(つまり表から見えない所)で、帯幅を切りかえて仕立てるだけです。

これで、「お太鼓の巾」の半分が「胴まわりの巾」になる名古屋仕立てを、
「お太鼓の巾」はそのままに「胴まわりの巾」だけ、少し広くする事が出来ます。

九寸名古屋帯の仕立てをやっておられる方なら「ふんふん、はい」という感じで応えてくれると思います。

 

注文の仕方

「お太鼓の巾はそのままで、胴回りだけ出来るだけ広くしてください」という感じに、お太鼓の巾と、胴回りの巾を別々に指定するだけです。

 

どれぐらい胴まわりの巾を広くできるの?

実は、そんなに劇的効果はありません。「ちょっと得する」という控えめなタイトルは、その為です。

通常、我々、帯の仕立て屋は特別な注文がない場合、標準寸法のお客様であれば8寸2分(31㎝)前後の巾で仕立てます。(昔の帯は8寸ぐらいが多い)
この場合、胴回りの巾は、半分に折るので31㎝÷2=15.5㎝程となります。

それを、この仕立て方を使えば、17㎝程に出来るという話です。数字で書きますと、しょぼい感じですが、着用した場合の1㎝というのは、けっこう違うものです。

帯によって、元々の生地巾が違い、どこまで広く出来るかに差がありますので、仕立て屋にとっては「○○㎝にしてください」ではなく「出来る巾一杯で」という表現が嬉しいです。(九寸名古屋帯は、耳になる部分の少し内側を縫いますので、縫い代が余分に必要となります)

 

身長の高い方にお勧めです。

身長の高い方は、通常の帯幅ですとバランスが悪い感じになります。また、ファッション的理由から広くする方もおられます。是非、試してみてください。