九寸?八寸?分からない

最も間違いやすいと言われる二つの帯は、どう違うのか?

仕立て前の帯巾が違う

九寸名古屋帯の仕立て前の帯の幅は、35㎝前後。クジラ尺で約9寸である事から九寸名古屋帯と呼ばれます。
八寸袋名古屋帯の仕立て前の帯の幅は、30㎝前後。クジラ尺で約8寸である事から八寸袋名古屋帯と呼ばれます。

 

帯巾が違うと、仕立て方が違う

九寸名古屋帯と八寸名古屋帯の巾合わせ
▲ 画像をクリックで拡大

上図のように、九寸名古屋帯は、元々は広めに織ってある生地を、端を折る事によって、着用者の体系に合わせた巾に仕立てます。

八寸名古屋帯は、生地の巾そのままで仕立てます。

つまり、折って仕立てる分、元から広い生地巾なのが九寸名古屋帯で、
そのままの巾で仕立てる分、元から狭い巾なのが八寸袋名古屋帯です。

 

生地の厚みが違う

九寸名古屋帯は、ペラペラの生地が多いです。帯芯を入れて仕立てるように作られているからです。

八寸袋名古屋帯は、厚めの生地が多いです。
帯芯を入れずに仕立てるように作られています。

 

仕立て方のスタンダードが違う

九寸名古屋帯は「名古屋仕立て」が定番。
八寸袋名古屋帯は「松葉仕立て」が定番です。

しかし、定番など無視して構いません。自分の目的にあった仕立て方を選択してください。

松葉仕立てや、名古屋仕立てについて詳しく知りたい方は、こちら。