両面の帯は、自分の意向を伝えて仕立ててもらいましょう。

リバーシブル帯を仕立てる時の注意点

1.どちらの面をメインで使うのか?

帯芯は、メイン側の生地に縫いつけます。これにより、メイン側は、サブ側に比べて【縫い代の型が表に響きにくい】というメリットが得られます。
帯芯の話は一例にすぎませんが、自分自身がよく使おうと思っている面をお店の方に伝えて、仕立てに反映してもらった方が、何も言わないよりも「得」です。

 

2.帯端の縫製には2種類ある

リバーシブル帯である以上、帯端を、表と裏をピッタリ合わせて折り込むのは変わりませんが、縫い方に選択肢があります。

A:通常の袋帯と同じように折り込みの奥を「千鳥ぐけ」する方法。

こちらのやり方がポピュラーです。特に注文を入れない限り、大抵のお店では自動的に千鳥ぐけになります。
千鳥ぐけの詳しいやり方を知りたい方は、こちら。

 

B:表地と裏地を動かないようにピッタリ縫い合わせる方法。

こちらは少数派ですが、実用性に優れています。金属と違い、帯は収縮するので、仕立て上がり時点でピッタリ揃っていた帯端も、時間の経過で不揃いになる事があります。それを嫌う場合は、こちらの仕立て方をお勧めします。「帯端をピッタリ開かないように縫い合わせて」と頼めば、どこのお店、仕立て屋にも伝わると思います・

 

補足:地方や企業によって、呼び名や認識が異なる

例:毛抜き合わせ

ある会社では、上記Bを「毛抜き合わせ」といいます。
また、ある会社では、リバーシブル仕立ての事を「毛抜き合わせ」と言います。(縫製方法は含まない)
西陣(というか、私のまわりのオッチャン達)では、上記Bを「棒ぐけ」と言います。

両面帯は、上記Bの仕立てに決まっていると仰る方もいますし、Bは困ると仰る方もいます。
自然発生的な用語が多く、統一規格などない和装業界で誰が正しいなんて議論は不毛ですが、行き違いのない意思疎通の為に最も優れた用語は、

「帯端をピッタリ開かないように縫い合わせて」

です。まあ、今、考えたんですけどお勧めです。