カラー芯の使い方

カラー芯は、自分の好みで選ばないともったいない

白い紗や絽の帯に、ピンクの帯芯を入れても良い

そうすると、薄いピンク色の帯に仕立て上がります。上級者の方は、色と色を重ねて、全然違う帯にしてしまう方もおられます。
昔は、完全に無地の夏帯が売られていて、カラー芯でアクセントを付けるのが微妙に流行った事もあるそうです。
何も注文しないで仕立てを頼んでしまうと、我々業者は、無難に同系色を入れます。ファッションセンスは人それぞれなので無難なトコで行かざるをえないのですが、非常にもったいない話です。

 

明るい色の芯を入れて、年を取ったら落ち着いた色に仕立て替え

というのも有りです。
着物で、若い時の明るい色から、年配の方向きの落ち着いた色に染めかえるというのは一般的ですが、それと同じ要領です。

 

ラメが入ったゴールド、シルバーの芯もあります

意外に、色々な帯に合わせやすいのでお勧めです。

 

夏帯用のカラー芯もあります

夏帯であれば、是非、夏芯のカラーを使ってみてください。色数が限られるのが残念ですが、通常のカラー芯では、夏帯の持ち味が減ってしまいます。

 

余談ですが、喪服用の帯に白い帯芯を入れる事が増えています

昔は、夏の喪服用の帯には黒い帯芯を入れる事が一般的でしたが、最近は涼しげに見えるという理由などで白い帯芯を選択される方も増えています。このように、帯芯の色は、帯の表情を大きく変える事が出来る選択肢です。帯をご購入の際には、一度検討してみてください。