紗(しゃ)、絽(ろ)、羅(ら)って何が違うの?

正確な定義は織り方を基準に行うべきですが、ここではマニアックな職人世界ではなく、日常会話で有用な一般的認識を説明したいと思います。

紗とは

紗とは

網目が細かい。

 

絽とは

絽とは

網目じゃない部分と、網目部分が同居

 

羅とは

羅

網目がデカイ。スケスケ。

 

 

これら透ける帯を仕立てる場合の注意点。

透ける素材ですから、帯の中の縫い代まで透けてしまうという事。

帯芯を入れる事で上記の不恰好さは防げるのですが、防げるのは「帯芯を入れた側の面」に限られます。
つまり、裏面が透ける素材の帯の場合、縫い代を隠したければ裏面に帯芯をつける必要があります。

しかし、帯芯を入れた側の面には「縫い代の型が浮き出にくい」というメリットがあるので、何でも透ける側に帯芯を入れるのが正しいとは限りません。裏地が透けるからといって、裏地に帯芯をつけてしまうとー

時間の経過によって、”表地に縫い代が段差としてがクッキリ浮き出る”という事も。生地の性質と相談しながら決めると良いです。

※ 縫い代がない袋名古屋帯などは問題になりません。

 

帯芯を見栄えを気にして縫製する必要がある。

透けない素材の仕立ての場合、帯芯の縫製は「見栄え」よりも「実用性」を重視して縫いますが、
透ける素材の場合は、糸の色を選ぶのはもちろん、星止めなどのやり方を使い縫製自体を目立たなくする工夫が必要です。

また、帯と帯芯の添いが乱れてしまうと、その様が格好悪くなりもするので、縫製間隔や糸の強さにも気を使います。

具体的な帯芯の縫い方が知りたい方は、こちら。

 

 

やや関係ないですが

絽と羅のネクタイを持つ男

N村部長曰く

自分自身は涼しくないけど、涼しげに見えるという事で好評だったそうで。