「自分で帯を仕立て・作る」の記事一覧

帯の千鳥がけのやり方

自分で帯を仕立て・作る
千鳥がけのやり方

千鳥ぐけ、端かがり、端くけ、端の始末、口かがりなど、企業や人によって呼び方はバラバラなようですが、 総称して「帯の両端の縫い方」を実演解説します。 ▲ 上写真の数字の順番に針を入れてきます。 ②~③と④~⑤は、見えないよ・・・

袋帯 帯芯の入れ方

自分で帯を仕立て・作る
袋帯 帯芯の入れ方

①裏返した帯の表地に帯芯を合わせていきます 最も大事なのは帯と帯芯の対比 帯と帯芯がキチンと沿うように、縫う前に上写真のようにセッティングします。 どんなに綺麗に縫製しても、この最初の状態が悪いと上手く仕立てあがりません・・・

ページの先頭へ